宇野本家の歴史
貸室案内催し物カレンダー咲蔵のご案内忍ぶ庵のご案内

宇野本家の歴史

宇野本家

 この建物は、元内閣総理大臣 宇野宗佑氏が生まれ育った家でした。

 宇野家は、江戸時代「年寄」と言う役職を務め、「長左衛門」と名乗っていました。又宿場に馬や人足(労働力)を提供する事を家業としていました。その後荒物屋を営み、荒物屋長左衛門と名乗られた。屋号の「荒長」はここからきています。

 明治初期に酒造りに展換され「栄爵」を醸していました。平成21年頃まで酒造りをされていたが、その後廃業されました。この建物は明治初期頃に建てられたものと推測され、築140年程たっています。

 平成22年、守山市が宇野家をゆずり受け、改修工事を経て、平成24年1月29日中山道守山宿の拠点として又情報発信、憩いの場としてオープンしました。